日曜日、ひとつお話を書きました。私にしては珍しく、一万文字を越えるものになりました。
月曜日、推敲してタイトルを決めました。
火曜日、推敲してページを作りました。
水曜日、最後にもう一度読み直して、アップしようと思ったところではたと、これもまた誰にも読んでもらえないんだろうなと思いました。
空しくなって、気付いたらサイトを消してました。

私は、私が書きたいから、私が読みたいお話を書きたいように書いています。誰のためでもなく。それは、そう。
でも、誰かに読んでもらえているかもわからない、「よかった」「つまらない」たった数文字を打つ労力すらかけようと思われないレベルの、いいねって拍手をワンクリック、ワンタップする価値すらないお話をわざわざサーバーにアップする意味とは……となりました。
自分のためだけに書いてローカルに置いておくだけなら、何度も推敲を繰り返す必要もないし、アップしたあと今回のお話は大丈夫だろうか、キャラクターを壊していないだろうか、なんて不安に苛まれることもないし、それどころか私のお話は価値がないんだという現実を知らずにいられます。
褒めてほしいわけじゃないけど、無言の否定に疲れました。

気まぐれなので、恥もなく数日で何事もなかったように再開してるかもしれません。アップしようと思ってたお話だって、私なりには頑張って書きました。でもいったん休憩します、ごめんなさい。(ブログは続けてます

リンクをしてくださっているサイト様へ。再開は明日かも、明後日かもしれないし、来週かもしれないし、ずっと先かもしれません。どうぞリンク解除をお願いいたします。